飼い主:四畳半の住人 / 最近のしじみ / 2005年8月のしじみ

■■ しじみ日記 2005年8月 ■■
作者:四畳半の住人 -
 点滴生活も終わりかと思っていたら、週に1回はやはり危なそう。腎臓って直らないんだなぁ。。それより、しじみがすっかり外に行くようになってしまった。最初の頃は、脱走しても1時間で戻ってきたけど最近は、深夜に脱走し、次の夜まで顔を観ないという日が続く。家猫化難航中。飼主、汗疹(あせも)直らず。
8月1日 【点滴の日84】 朝5時、外で猫のケンカの声。しじみ、もぐたろうに追いかけられ必死の形相で駆けてきて逃げてくる。慌てて起きて金網を外すが睨みあいはしばらく続きなかなか入ってこない。弱くて虐められちゃうのにどうしても外がいいかねぇ、、捕獲は1時間後。
 今夜はださないぜ!と、梅酒瓶の重石の下に滑り止めマットを敷く。これで、摩擦大でずらすことは出来ないはず。ふふふ、、まだクリア出来ない。今夜は安心。と補足笑んでいたら、、、視界の片隅にやってきて、放尿プレイ。明らかにワザとです。だって出ないのに絞り出しているし、、てめ〜(怒)と抱きかかえてトイレに押し込むも超反抗的な顔。猫ってこんな表情するんだぁ〜〜とちと感心。 はいはい、出したり閉じこめたり私が悪いよ。でもさぁ、、散歩程度で帰ってこないしじみも悪い。どうやったら分からせることが出来るのかしら。しかし、梅を干すときは外に出ているとラクチンな自分勝手な飼主でした。
8月2日 再び脱走 しじみも一生懸命に頭を使っているようで、、、仕事から帰って、鍵を開けていると、中から「にゃ〜んにゃぁ〜〜ん」とお出迎えの声。ふむふむ、今日は脱走出来なかったんだね。よしよし。と扉を手前に引くと、暗くて見えなかったが、しじみが足元で待機していて、私が身体を入れる前に、一気に走り出る。そのまま階段を駆け降りて、一番下の段で私を一瞬振り返り、外へ走り去ってしまった。くっそぅ、、やられた。なかなかどうして頭を使うじゃないか、、で、、迷彩柄なので夜は見えにくいのも脱走成功の鍵だった。白猫やブチだったら逃がさなかったのに。4時間経過しても戻らず。きっと朝まで戻ってこないのか、、う〜〜、、静かでいいが、心配で眠れん。
8月4日
完璧にクリアされた金網 やられました。完璧にパスされてしまった。あの脱走方法は想定できなかった。まるでパズルを解いたように脱出。マジシャンしじみと呼んでやろう。奴は、金網の弾力を利用してって相応しい言葉なのかわからんけど、、弾力ったって柔らかい網じゃないんだけどなぁ。。気付いたときにはもう壁と網の間に隙間を作り、その隙間に挟まりそのまま横に進んでいる最中。尻尾も掴めず脱走。今までは前進直球勝負だけだったけど、、あそこまで遠回りすることを覚えたのか。一日中脱走について考えて、挑戦しているようで、2重3重のトラップを仕掛けても一つづクリアするのね。しじみの写真を楽しみにしている方も多いだろうけど写真撮れず。きっと夜中3時か4時まで戻りません。マジ、イヤになった。室温36度の部屋で汗疹だらけで耐えているんだけど、、もうイヤイヤイヤ。脱走後、窓開けましたよ。久に風が通って涼しい。。。。画像はしじみじゃありません。期待しないで。
8月5日
暑い中、バカみたいに外を走って帰宅するしじみ。さすがに、この暑さでの全力疾走じゃ。。
8月6日
 最近は窓を閉めて、廊下の金網だけに頼っているしじみ家猫化計画。が、梅を干すときには、窓は開けなきゃいけない。あまりこっち側に干したくないんだよねぇ。。ここに干すと、遠くから見えるのか、午後に反対側に移したときに梅泥棒がやってくる。
8月7日
【点滴の日85】 今日も天気がいい。まぁ、多少雲があるが、都会の空気の汚れとしよう。で、昨日と同じく脱走されないように注意するが、今日はやられてしまった。しじみ、あの小さい頭でよく考えるなぁ。。日々進化するってか、日々ずる賢くなるのでした。
8月9日
 友人が来た。手違いがあり、暑い我が家で飲むことにした。で、暑くてたまらなんので窓を開けてしじみは外猫になった。非難ごうごう浴びそうだけど、許して。私には無理。
8月10日
 外は楽しいらしい。日中も外にいるしじみ。お陰で夜はぐっすりと部屋で寝ています。でもね、、土産はいらんよ。土産は。。
8月14日 【点滴の日→捕まらず出来ない】 夜は家にいるはずだったのに、最近、全然戻ってきません。一日1時間も家に居ないかも。今日は点滴の日なのに見つからない。外に出すのは仕方ないと思ったが、しじみは、まったくお構いなしで外猫100%。普通、遠慮しないかね。(-_-;)
8月15日 【点滴の日86】 どどどどっど、、、と土砂降りの雨。しじみは外出中。こんな時、どうしているんだろう。と思っていたら、アワアワとしながらしじみ帰宅。 目付きが慌てているってかアワアワって感じなの。で、濡れて帰るのはいいけど、いきなり畳んだシーツの上で毛繕いってのはどうよ。( ̄ー ̄;)
8月16日
 今日ももぐたろうと大喧嘩。怪我しないでね。お願い。ってか、、もぐたろう、、いい加減に去勢して大人しくなんないかなぁ。。
8月17日
 外にいる時間が長いしじみ。丁度、戻ってきて欲しくない時に必ず戻る。
8月18日
 しじみとトウモロコシ。
8月20日
 昼間はすごくいい天気。ちょいと仕舞った梅の一部を出して土用干し追加。で、夕方から懲りずにアナゴ釣り。先週は16本と好調だったが今日はボウズ。( ̄ー ̄;) 家に帰ると更に落ち込むしじみの悪戯。 干した布団の上に、しじみのゲロ(草混じり)。それだけじゃなくて、布団の上に散らばるのは蝶だか蛾の羽。何匹分なのこれ。。ってかぁ、、なんで布団の上でやるのよ。。梅干しは下に置かないでよかったよ。
8月21日 【点滴の日87】 あうう、、今日は芦ノ湖へワカサギ釣りのはずが寝坊して。。( ̄ー ̄;) 1人でお弁当用のおにぎりと穴子佃煮をしょぼしょぼ食べる。しじみの点滴は朝一発目に終わらせる。
8月22日
 この時期、家に帰ってから色々とやることがある。しじみは珍しく夜9時頃に戻ってきて作業の邪魔をする。
8月23日  丁度、仕事から帰るときに土砂降り。しじみはさすがに家にいるだろう。。と思ったら居ない。( ̄ー ̄;) なんで外がいいかねぇ。。
8月24日
 相変わらず外にいる時間が長くてあまり写真が撮れません。外にいれば心配。家にいれば邪魔と私も自分勝手ではありますが、、
8月26日
 土砂降りの夜、しじみは結局帰らず。翌朝、戻ってきました。まぁ、確かに雨漏り酷かったし、外も中も不快度は高そうであったけどね。
8月27日 【病院の日】 午前中に病院。点滴、2週間に一度にしてみようと言われる。(^0^) 今日はワクチンのはずだったが、別の日にすることにする。しじみはワクチンで具合が悪くなるタイプらしく、抗ワクチン剤を打ってからワクチン接種。抗ワクチン剤から2時間以上の様子を見て、ワクチン接種後も一日様子を見れる日がいいので、平日休もう! ワクチン摂取は賛否両論だけど、しじみは外に出ていることだし、ケンカは弱いし、もう腎臓がダメな訳だし、これでさらに、、何かあったら崖っぷちから落ちちゃう。だから、私の考えでは、やはりやっておきたい。外猫飼いが論外なのよね。。まぁ、余計に具合悪くなるとかもあるんだろうけど、、難しい。人間だってなんらかのワクチン打っている訳だし、、しかし、しじみの医療費ってのはバカにならない。血統書ないけど、高い猫だよねぇ。。
8月30日
 帰宅すると妙にしじみが大人しい。1人で暗い部屋でゴロリと横になっている。顔つきも違うようにも観える。3時間経過。。やはり同じ姿勢。目付きもいつもと違う。なんとなく、あの昨年の時の雰囲気を感じるのは気のせいか。 しじみ、今日、外で何かあった? うむむむ、、これはワクチンどころじゃないかもしれん。明日、病院だね。(-_-;) 崖っぷちから落ちてないことを祈る。今朝は元気あったのにねぇ。。
8月31日 【病院の日】体重3.75kg 朝起きて、元気になったような気もするが何かが違う。やはり病院に行って調べてもらう。血液検査で腎臓以外も調べてもらうと、、やはり、、予感的中。
 CPK 1858 (通常30-120)と、昨年10月の事件に近い数値。(→2004年10月30日病院記録) 肝臓も調べてもらうと、、GPT=58(15-50)、GOT=40(1-35)とちょいとはみ出ている状態だが、これからボン!と上る前の状態かもしれないとのこと。高いところから落ちたか、怪しいモノを食べたか。。だそうだ。しじみ、学習してよ。(-_-;)
CPK増→筋肉組織の壊死、交通事故、心筋疾患、GPT増→肝炎、代謝性疾患、薬物、GOT増→肝障害、心損傷
 やはりワクチンどころじゃなかった。朝、元気になったっぽいからいいや、、なんて打っていたら死んじゃったかもね。。(-_-;) なんとなく違うのはほんの少しなんだけど、、去年の事件がなければ、「元気ないなぁ」で済ませていた程度。私の観察眼も少しは進歩したってことね。やはりね、経験ってのは判断するのにとても大事。今回だって去年の事件がなければ病院だってここまで調べたりしないし、熱もない、3日前の血液検査は正常だったと、ワクチン打ってしまったかも知れない。
【しじみの所見】
 レントゲン画像によると、胸水と腹水がほんの少し溜まっている。これから増えるかもしれない。しじみは腰椎も1本少ないが、肝臓も普通よりも小さいそうだ。だから、普通は肝臓に乗るように胃が斜めになるのに、しじみの胃袋はまっすぐに配置されているとか、人間でいうと胃下垂?なのかな。 去年の写真は肝臓がパンパンに腫れていたのでわからなかったのね。心臓の形も悪いと、しじみったら、最初からボロボロだったのね。性格はいいのにねぇ。。腸には異物を飲み込んだ様子はない。後ろ足にも強く逃げたような後もない。 やはり何か悪いものを食べたかなぁ、、と言いたげな感じ。とにかく、異常な状態であるが、悪くなる前なので、どういう方向に動くか分からない。伝染性腹膜炎が発症したか、昨年と同じく肝臓に激しいダメージが出るか(昨年は死んでしまう場合が多いというGPT300を越えた)、ただの打撲による腰痛か、、外傷性よりも内臓系の筋肉CPKの上昇っぽいとの見立て。
 選択肢は、今夜入院させて様子を観る。自宅で様子を観て明日の朝連れてくる。どちらも仕事に行けないのは同じ。強肝剤と腰痛の注射を打たれて連れて帰る。 まぁ、悪くなるのは確実みたいです。様子が急変したらすぐ連れてこいと言われ帰宅。 しじみ、崖っぷちから落ちたのね。私が出来ることは手伝うけどダメなら諦めて、、、、などと自分に言い聞かせる飼主でした。(-_-;) しかし、、本当に心臓に悪い飼い猫だな。 外に出す私が一番悪いのだけど、、、
【その後のしじみ】
 強肝剤が効いているのか腰痛が緩和したか、少し元気な時もあるしじみ。相変わらずだるそうだけど、外に出せ!窓を開けろ!と要求はする。が、それも いつも程はしつこくない。で、良くなっているのかなぁ〜〜などと楽観的に思うも、しじみのお尻が汚れたままカピカピしているのに気付くと、毛繕いする余裕もないのね。。とすこしガッカリ。歩き回りはするが、毛繕いは一度も見てない。食事は何も取らない。たまぁに思い出したように窓に体当たりしたり。で、今日は涼しいけれど、やはり締切にすると室温は夜でも30度を軽く越える。今日は玄米日だったから炊飯時間も長く余計に暑い。磨ガラス窓なので、外が見えないしじみもストレスだ、また何か考えないとねぇ。。天井がグズグズでなければ、ツッパリ棒+金網が使えるのにねぇ。。
2005年9月のしじみ 最近のしじみ 2005年7月しじみ日記

2005年8月5日作成 四畳半の住人