飼い主:四畳半の住人 / 最近のしじみ / 2004年12月のしじみ

■■ しじみ日記 2004年12月 ■■
作者:四畳半の住人 -
 死にそうだったのが丁度1ヶ月前。今は元気になったようだが、やはり完全ではないらしく、腎臓が悪くなったり、焦げて帰ってきたりと相変わらずドタバタというか事件を呼ぶって言うか。。飼い主も一緒にストレスです。
12月1日
 今日はワカサギ釣り。で、焦げたしじみは危ないので閉じこめ作戦。帰ってくるとさすがにストレス溜まっていたのか大騒ぎ。最近は見向きもしなかった私に遊んでと催促。ちょっと遊ぶとすごく嬉しそう。外に出さない分遊ばないと駄目か。
12月2日 しじみ、なぜか焦げている
 日中は外に出さないように閉じ込めていると、非常なストレスらしい。ごめんね。土曜日はずっと一緒にいるよ。一応、私が在宅の時は外に出てもいいことにした。猫は人間同様ストレスで病気になったりするらしので、ストレスで不健康になっても困るしね。トイレには帰ってくるし、何かあったら帰ってくるようなのでとりあえずそういう方針で。。まぁ、色々とご意見もあるでしょうが、、、しじみも私も一緒に楽しく生きていきたいし、お互いにストレスによる免疫力低下は避けたいところ。しじみの外遊びは私にとっての釣り!と思うことにしました。そりゃ辞められんわな。しじみ、土曜日は病院ね。。一応さ。。それもストレスか。。
12月3日
 相変わらず外に出ているしじみ、なんとなく元気がない感じなので病院に連れていこうとしたのに、ほんの少しの隙に逃げられた。で、待っていたら病院の昼休みになって戻ってきたしじみ。んじゃ、夕方にまた、、と思っていたらまた逃げられた。でも、ちょっと違うかなぁ。。
12月4日 しじみ、また点滴
 2週間ぶりに病院に血液検査に。。行く時に逃げられて、ギリギリ昼前に滑り込み。で、結果はよろしくない様子。腎臓の数値が悪くなってきたとか。。( ̄ー ̄;) で、毒素を出すために点滴を受ける。次から次へと。。で、筋肉中の酵素も増えているとか、、まだ直ってないんだな。って、本当に手間もお金もかかる猫だわ。来週の水曜日、再検査だそうだ。。もしこのまま数字が下がらないようなら自宅で毎日点滴を、、と言われる。はぁ〜〜ぁ、動物を飼うって大変なことなんですね、、と呟くと、「この子は多すぎます」と院長先生。→病院記録 2004年10月30日 しかし、お金がかかります。私も今年は尿管結石だの帯状疱疹だの毒蛾だの、とあったが私が使った医療費を越えてしまった。体重 3.46kg
12月5日  またご飯食べないよ。。(-_-;) もう3日目だよ、、せっかく体重が少し増えたのになぁ。。仕方ないので煮付け用に取っておいた大きいカサゴをしじみ用に茹でる。5口ほど食べて終り。。あ〜もったいない。。残りは私が明日、鍋にするよ。
12月6日
 相変わらずのしじみ、まぁ、食欲以外は元気もあるのだが、、で、、あまり食べないのもよろしくないので、最近は、四畳半流療養食を1日1食。明後日の検査結果が良くなければ自宅で点滴と言うし、、私は何件も回って〔25件回った)自分で決めた獣医さんは信頼しているが、やはりそれだけじゃ駄目なんだと思う。母親の時は100%を医者に頼って、美容師だった母なのに丸坊主で逝かせてしまった。しかもたった1年で。。冷静に考えれば、もっと自己治癒力をあげる方法ってのがあるはずだったのに、、今度は、同じ轍は踏まない。踏みたくない。結果が同じでもだ。
猫の腎不全は、不凍液を混ぜた餌で起こると恐ろしい話しを伺った。食べていなくても、踏んだりしてその足を舐めたり・・・
12月7日  腎臓機能さらに低下、自宅での点滴はじまる
 ああ、、しじみ、若干2歳半というのに、腎不全へまっしぐらっぽいようです。今日は時間が出来たので病院へ。で、少しは数字もよくなっているかなぁ。。と期待するもさらに悪化しているらしい。前回の点滴からたった3日目なのに、、このままでは確実に腎不全と言われ、毎日、自宅での点滴を勧められる。たっぷりと教わったが嫌だな。一生こうなの??? ( ̄ー ̄;) 最近、■を使った猫駆除の方法などが某掲示板で急速に広がっているとメールで教えていただいた。病院で先生に相談すると「こんな酷いことが、、確かに急な腎不全で死んでしまう猫が何頭かいます、猫は毒は自らは口にしないが、■■■たら食べてしまう」私もそのソースを探したらあるある。なんでこんな事しちゃうのかな。野良猫による被害も考えるが、都会には人間以外の動物は住んじゃいけないのかね。いったいいつから地面は人間だけのモノになったのかねぇ。。迷惑なのは人間の方なのに、猫の害なんて人間の害から比べたら小さいもんだ。少しは大目にみれないもんですかね。猫が絶滅寸前の動物だったとしたらこんな目に合わないのに。ブラックバスよりも猫の方が命の大切さを教えてくれると思うが、、
12月8日  【点滴1】初点滴、失敗
 1日一回というので点滴は朝にした。病院では大人しいしじみも、家ではまったく違う。左手で皮膚をつまみ、針を刺す段階でスルリと逃げる。やっと針を刺して、片手でバルブを開けよう、、と、、届かない。で、両手を離した隙に針を抜いて逃げ回る。私が下手なのも悪いが、もう針を刺した瞬間に鳴かれるとビビる。点滴バックがもう嫌いなので、あれを見ただけで逃げる。せっかく湯せんして温めた点滴液も冷めてしまう。ほとんどこぼしたんじゃないか。時間を置いて再挑戦だが、、(-_-;) 1人で出来る作業なのかな。。私、、しかも毎日でしょ、、3日目には、点滴バックを途中交換ってのもあるのに、、
療養食への疑問 1ヶ月前は、肝臓が悪いと高蛋白&低脂肪の食事を勧められた。で、今度は、腎臓が悪いと低蛋白&高脂肪の食事を勧められる。まったく逆の食べ物じゃないの。しかも、肝臓の数字も標準よりは悪い状態なのにねぇ。医者の見立ては正しいのだと思うが、これが現在の医学の限界なんだと思う。食事による体質改善って1ヶ月2ヶ月で出るものだろうか。一応、言う通りにサンプルで貰った食事を与えてみる。マズイらしい。あまりマズイ食事だと外に出ちゃったとき、簡単に不凍液まじりのご飯を食べちゃうことになんないのかな。外に出さないってのは2年以上も目指しているが達成できてないんだし、、
しじみ、自宅点滴ならず。。非常に難しい。不器用な部類ではないのだが、、私には難しい。しじみは動く。もう学習したのか、私が針を持つだけで逃げ回る。やっと捕まえてなだめて針を刺してもバルブを開ける時に針を抜いてまた逃げる。今日の分は床に飲ませた感じ。自信ない。しじみはすごく嫌な顔をして私を見るし、もう嫌だ。
12月9日 【点滴2】
12月10日 【点滴3】本当に、2歳位の猫を1人で点滴できる人がいるのだろうか。。未だ出来ず。。悪いねしじみ。。(-_-;) 友人に手伝ってもらっても出来ず。。悪いね。しじみ。。手が6本ぐらい必要ではないか。。。昨晩は血が出た。。(-_-;) もう駄目。
 今朝はなんとなく上手くいった?? 半分ぐらい外に出ちゃったが、、(-_-;) 血も出ているが、、毎日、弁当を餌に友人に泊まり込み依頼。。
12月11日 【点滴4】
12月12日 【点滴5】
12月13日 【点滴6】< しじみは痩せましたが元気です。とりあえず1週間は病院で貰ったサンプルの腎臓の療養食を食べてもらっています。昨日はズルして釣ってきたシロギスを1匹あげました。写真も撮っていますが、更新する時間がないのでまた今度。点滴、、相変わらず苦手です。実は毎日、友人に泊まってもらって手伝ってもらっております。なんかね、、やはりあの作業、、1人じゃ無理じゃないかと。。どなたか1人でやられている方おります? スマキ式、目隠し、あまり効果なし。(-_-;) 洗濯ネット、、入れるのが大変で、、で、、私が針を刺しにくく。。う〜む。。まぁ、水曜日、病院ですし、もう一度教わってきます。私は隠れて先生1人にやっていただくといいかも。以前、友人に抜糸に連れていってもらったことがあるんですよ。鞄から出したら、いきなり壁をよじ登ったと。。(^_^; でね、、ふと思ったんですが、、腎臓には梅エキスじゃない? と楊枝でちょびっと舌に塗ってみる。薬よりは嫌がらないが、塩分ないし自家製だし、製造過程が見えない代物より安心と思うんだけど。
12月14日 【点滴7】
12月15-16日 【点滴8&9】 飼い主、風邪でダウン中につき更新滞っています。先日、友人に病院(しじみ)に連れていってもらったところ、あと1週間は毎日の点滴で様子を見ると。。毎日ってのが、けっこう辛いんです。時間もなくなるし、決まった時間ってのがキツイ。毎晩、手伝いに通ってもらうのも申し訳ないし、、せめて1日置きにならないか。飼い主の様子:火曜日、仕事中に咽が痛いなぁ、、と思っていたらそのままどんどん悪くなった。。実際、点滴作業が入ったおかげでちと身体は辛い。夜に切り替えるつもりだが、これから忘年会もあるし、、、酒を飲まなきゃいいか。。などと悩み中。薬じゃないからねぇ、、少しでも酔った身体じゃやりたくないし、、しじみは元気ですのでご心配なく。だいたい風邪ひいたのは、、しじみ家猫化計画による奴のストレスが原因。あちらを立てればこちらが立たず。目一杯遊んでいるつもりではあるが足りないらしく私が寝入ってしまった深夜、肩にオシッコされ面倒なのでそのまま脱いで寝た翌日、咽が。。(-_-;) 
12月17日 【点滴10】
12月18日 【点滴11】 1人での皮下点滴2回目。。1人でやると半分で逃げられる。まぁ、やらないよりマシと考えよう。しかし、毎日のこの点滴、私もしじみもかなりなストレス。。段取り悪くて時間もかかるし、しじみはたまに痛いし私は心が痛む。そして怖い。。温かい皮膚に針を刺す。。こんなことがすごく怖い。やはり刃物で切ったり刺したり、、といった虐待できるってのは普通じゃない感覚だと思う。早くこの作業も慣れるといいな。なんとかやってます。励ましありがとうございます。
12月19日 【点滴12】
12月20日 【点滴13】
12月21日 【点滴14】
12月22日 【点滴15】
12月23日 【点滴16】
12月24日 【点滴17】
12月25日 【点滴18】 午前中は病院へ。しじみは元気一杯で鞄に入れるのも一苦労。2週間目で点滴も上手く出来ているのか血液検査の数字はいい感じだそう。(^。^) でも、点滴はまだ続く。体重も増えてきていい感じ。3.55kg(病院計測)
12月26日 【点滴19】 やれば出来るんですねぇ。。最初の1週間はもう嫌で嫌でノイローゼになりそうだったし、1人じゃとても出来なかった。いつまでも友人に手伝ってもらうのも、、毎日だし、、って2週間目からは1人で。3週間目、まぁ、慣れてきました。が、、点滴バックの交換の日だけは1人じゃ駄目だ。何かいい交換方法を考え中です。写真、、ちと待っていてね。今、私以外の人でも点滴が出来るようにマニュアル作成中。毎日は辛い。1人じゃ、、しかし、毎週、万札が飛びます。これからでも保険に入れるのかな。入ってすぐ貰えるとか、そんな美味い話なんてないだろうけど。
12月27日
【点滴20】しじみ点滴の様子、最初だけ。
12月28日
【点滴21】 毎年思うが、年末はしじみは邪魔ばかり。五月蝿いので少しだけ遊ぶ。遊ばないと丸めるそばから餅を持っていってしまうので。。
12月29日
【点滴22】 あっという間に年末。明後日は大晦日。掃除は諦め、正月用の料理に着手。数の子の皮むきしながら、「ああ、こういう作業ってホント、しじみが手伝ってくれたらなぁ、、」と思う。数の子のつけ汁で使ったカツオ節、食べる? と思ったら食べなかった。 
12月30日
【点滴23】 もう明日は大晦日。早いなぁ。。って普段からやらないのが悪いのだけど、、、今日はおでんの仕込みやら高野豆腐。煮物の合間にカレンダー作り。猫は絵とういか画像を理解しないのですね。立体物か動くものしか駄目なのね。
12月31日
【点滴24】 大晦日、食いしん坊の私はせっせとおせちの準備。それはしじみとの戦いなのでした。しじみが来てからこの日は一日中怒鳴りっぱなし。今日は雪が降って寒かったけど、ほったらかしておいたらしじみ脱走。雨に変わったころに帰宅。でもやっぱり邪魔をする。
2005年1月のしじみ 最近のしじみ 2004年11月しじみ日記

2004年12月2日作成 四畳半の住人