飼い主:四畳半の住人 / 最近のしじみ / 2003年9月のしじみ

しじみ初(?)ケンカ〜縄張り争い

 前にもケガをしているんだから、きっと5月頃からずっとやっているんだと思うが、私が見たのは初めて。で、、しじみのあまりの弱さに愕然。。よくもあれで、毎晩懲りずに出掛けて行くものだ。
廊下の窓際でブラシをかけていると、外に出ようとするしじみ。
押さえつけると、「シャ〜〜」
なんで怒っているのかなぁ。。と、、、
いきなり私を振り切って屋根にジャンプ。

「うギャァァァ」
「ウ"ゥゥゥゥゥ」
「ジャァァァ」
ドタバタドタバタ
 ドタバタ!!!
「グゥゥゥゥゥ」

トタンが破れちゃいそう。
「もぐたろう」かと思いきや、いつも窓越しに顔を見ている「ゆうちゃん」。 ゆうちゃんがスダレの後ろから飛び出て、しじみと大騒ぎ。が、、しじみ、、もう弱気。
ゆうちゃん、いきなり飛びかかられ、かなりご立腹。

「グゥゥゥゥゥ」
「うるるルルる」

しじみ、ジリジリと後ずさり。で、たまに、救いを求めるように私を振りかえる。その時の情けない顔ったら。。
ゆうちゃん、まったく怒りおさまらない様子。低く身構え、さらにしじみを威嚇。ゆうちゃんは意外と大きかった。裏の家の雄猫で推定5才位かなぁ。
想像するに、しじみは、あれほど大きい猫だとは思ってなかったんだろうな。 威嚇され、最初のいきおいはどこへやら。。じりじりと後退を続けるしじみ。
「ほら、、目を離すと危ないよ。。早くあやまっちまいな」
じりじりと横にずれてしじみは見えなくなってしまった。このまま、またバス通りの反対側に逃げられると困るので、階段を降りてしじみの様子を見ると・・・

泣きそうな顔

後退するしじみに

吼える!

って言うか、ゆうちゃん場所もいいね。さすが。家猫になった癖に年の功だね。
 部屋に入りたいのに、ゆうちゃんがいるので帰ってこれない。 しばらくして、隙を見てやっと部屋に逃げ込むしじみ。。 ゆうちゃんは追いかけることをしないで悠々と去っていった。 が、、しじみの興奮は収まらない。その模様はこちら

2003年9月10日作成