しじみの飼い主:四畳半の住人 / 最近のしじみ / しじみ日記番外 2006年10月〜 里親決定のご報告

チョビと命名。お母さんと一緒に暮らすことに。

 つい先日、ご近所にお住まいのサトウ様より、里親としてお世話させていただきたいとメールを頂きました。さっそく友人に転送しましたが、その友人、既に情がバリバリと移ってしまったようで、もう手放せないと。サトウ様には申し訳ないことしてしまいましたが、結果的に後押しして下さったことになりました。私からも感謝いたします。
 サビ子猫は、「チョビ」と名付けられ、お母さん共々、友人と一緒に生活することになりました。お母さんと一緒とは羨ましい。幸せになってね。写真を頂いたのでご報告します。
 白い方がお母さん。まだ生後一年たらずで、ヤンママで、まだギャルギャルしているそうですが、サビ子猫への愛情はたっぷり。サビ子猫をずっと目で追いかけています。ノラ生活が長かったため、まだまだ友人には慣れていないようです。2匹だと何でもシンクロするんですねぇ。私のなごみサイト「ねこパンチ☆日記」も親子のシンクロな写真が満載でとてもいいです。ちょっと羨ましいよねぇ。ね、、しで、長い尻尾も羨ましい。(^^;)
 ほんと、お母さんってより、まだ子供の顔しているもんねぇ。今まで大変だったね。がんばったよね。早く友人にも慣れてねぇ、、(無理かな)。。本当に愛情たっぷりで、チョビを目で追いかけて、この心配そうな顔。虐待なんて言葉もない猫の世界。心打たれます。
 親の心知らずで、チョビは元気一杯で友人にも慣れて走り回っています。
 友人がチョビの為に買ったデジカメは何でも動画が撮れるんですって。
 しじみは最近やらない「持ってこい!」ですが、バリバリやっています。で、お母さんは近づいて来れないのだけど、気になって気になって、、で、投げられた玩具に一緒になって飛びつくのが笑えます。
  サビ子猫「チョビ」

2006年10月10日作成